たるみの原因

いったい肌のたるみの原因とはどのようなものなのでしょう。

しみ、しわ、そしてたるみは、若い肌との明らかなちがいを感じるポイントです。

鏡を見て老けたなと感じるのは、たるみを自覚した場合に一番少なくないと思われています。

一般的にたるみの要因は大きく分けて、皮膚の老化現象と筋肉の老化現象の2つになってきます。

中でも皮膚の老化現象のこの上ない要因は、肌の水分不足だといいます。

一定の水分量を、常々の肌ケアで十分に水分を補給する事で常に保つようにすれば、肌の老化現象を遅らせる事が出来るでしょう。

化粧水や乳液といった化粧品では肌の表面にだけしか作用せず、もっと深いところから来るたるみにはすごく対応出来ません。

真皮層のエラスチンやコラーゲンが、肌表面のハリや弾力を支えていますのです。

化粧品は、コラーゲンなどの成分を多く含んだをものを選んだり、食事にも気をつけるようにする事をお勧めします。

大きなたるみのもうひとつの要因は、筋肉が衰える事です。

沢山の表情筋とよばれる筋肉があるのが顔なのですが、筋肉は直接真皮層にくっついているといいます。

皮膚の土台となっているのが顔の筋肉なので、肌も土台である筋肉が衰えると徐々にたるんでしまいますよ。

一定の脂肪が顔にはついていますが、脂肪の量も加齢と伴に減少するのでが肌のたるみやしわの原因にそれもなってしまうそうです。

Comments are closed.