年間を通して紫外線対策は必要

紫外線の対策は年間をとおして必要です。

お肌が乾燥し濃いしみや深いしわが刻まれる原因に、紫外線対策を十分に行っていない事があると思います。

紫外線は太陽光にふくまれる電磁波で、可視光線より波長が短く、化学的な作用をもつ光線の事です。

可視光線と赤外線と紫外線という3つの光で、太陽の光線は成り立っています。

可視光線は目に見える光をさしており、赤外線は熱的な作用を及ぼします。

紫外線はビタミンDを皮膚に創ります。

紫外線が皮膚で合成するビタミンDは冬の太陽の光でも事たりますし、食べ物で補充する事も出来る成分です。

紫外線は人身体に必要なものですが、過剰にさらされすぎると悪影響が出るので対策が必須です。

紫外線は加えて、UV-A、UV-B、UV-Cの3カテゴリーに分けられます。

人身体にちなみに良くない影響があるUV-Cはオゾン層で吸収されるので、地球に届く紫外線にはふくまれていません。

AとBの波長に対する紫外線対策をする事になってきますが、そんななかでもBの波長に注意をすべきなのは8月のオゾンの多くない時期です。

一方、5月は低くはない場所から太陽の光が届くので、Aの紫外線が強くなってきます。

とはいって冬でも夏の半分の紫外線があるため、対策がいらないわけでは有りません。

冬は紫外線量が多くないからと言って対策を怠るのは危険です。

紫外線対策は、年間をとおしてする事が求められます。

Comments are closed.